県議会原子力安全特別委 要旨 - 佐賀新聞

九州電力玄海原発3、4号機の再稼働に関し、佐賀県議会原子力安全対策等特別委員会(竹内和教委員長、11人)は8、9の両日、国の関係機関と九電を参考人招致し、エネルギー政策、原子力防災、新規制基準の適合性審査、九電の安全対策の4分野で質疑を行った。and more »

玄海原発3、4号機 意見を聴く委員会要旨 - 佐賀新聞

九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、地元同意の判断に向けた議論が本格化している。8日の県の広く意見を聴く委員会は、国の関係機関と九電が考え方を説明した。エネルギー政策、原子力防災、新規制基準の適合性審査、九電の安全対策の4 ...and more »

「玄海原発の火山被害根拠は」佐賀県、規制庁に20項目確認へ - 産経ニュース

佐賀県は11日、原子力規制委員会の審査に合格した九州電力玄海原発3、4号機(同県玄海町)の再稼働をめぐり、審査に当たって原発に被害を与える可能性があるとする火山の範囲を設定した根拠や、テロ攻撃への対策強化に関する考え方など、原子力規制庁に対して確認 ...and more »

玄海再稼働 県、国に18項目確認へ - 佐賀新聞

九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県は11日、県原子力安全専門部会(部会長・工藤和彦九州大学名誉教授)を開き、1月に合格した新規制基準への適合性審査について、原子力規制庁に確認する18項目を審議した。県は委員の意見を反映 ...and more »

玄海町原子力特委 国に避難道路の早期整備訴え - 佐賀新聞

九州電力玄海原発3、4号機の再稼働に向けた「地元同意」の判断材料にするため、立地自治体の東松浦郡玄海町議会は9日、原子力対策特別委員会(岩下孝嗣委員長、11人)を開いた。国の担当者から、新規制基準に基づく3、4号機の審査結果の概要や、原子力災害対策 ...and more »

再稼働の危険性指摘 元原子炉設計者・後藤さんが唐津で講演 /佐賀 - 毎日新聞

九州電力玄海原発3、4号機(玄海町)の再稼働問題で4日、元東芝の原子炉設計者、後藤政志さん(67)が唐津市内で講演した。後藤さんは「事故で原発が水蒸気爆発する恐れがある」と再稼働の危険性を指摘した。 玄海原発反対からつ事務所が主催し、約60人が聴講した。and more »