北ICBM、大気圏再突入技術は未完成…専門家 - BIGLOBEニュース

... 【ワシントン=大木聖馬】米ジョンズ・ホプキンス大の北朝鮮問題研究グループ「38ノース」のアナリストを務めるマイケル・エルマン氏は7月31日、電話を通じて記者会見し、北朝鮮が同月28日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、弾頭部分の大気圏再突入技術は ...and more »

ICBM弾頭 摩擦熱で破壊か - BIGLOBEニュース

... 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は7月31日、北朝鮮が発射した2回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、宇宙空間から大気圏に再突入した弾頭が摩擦熱に耐え... [ 記事全文 ] ...and more »

再突入時に弾頭崩壊か 米専門家が分析 - 毎日新聞

... 【ワシントン会川晴之】北朝鮮が先月28日に打ち上げた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の弾頭部分が大気圏内に再突入した際、崩壊した可能性が高いことが31日わかった。米ミサイル専門家のマイケル・エレマン氏が映像を基に分析した結果を発表した。現状の技術 ...and more »

北ICBM「来年には配備可能」米研究機関 - 日テレNEWS24

アメリカの研究機関は7月31日、北朝鮮が先週行ったICBM(=大陸間弾道ミサイル)の発射実験を分析した結果、あと数回の実験で大気圏に再突入する技術を獲得し、来年には実戦配備する可能性があるとの見方を示した。 アメリカの北朝鮮研究機関「38ノース」は、先週の北 ...and more »

北ICBM発射、英専門家「“再突入”技術は未確立か」 - TBS News

北朝鮮が先月28日に発射した2度目のICBM(大陸間弾道ミサイル)について、イギリスの専門家は弾頭部分が落下の際にバラバラになり、大気圏への再突入の技術は確立できていないとみられるとの分析を示しました。 これは、イギリス国際戦略研究所のミサイル専門家、 ...and more »

ICBM発射 「弾頭部分の再突入技術は未確立」米分析サイトで専門家が指摘 - 産経ニュース

... 【ワシントン=黒瀬悦成】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は7月31日、北朝鮮が28日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、核弾頭部分の大気圏再突入技術を依然として確立していない可能性が高いとする分析を発表した。 英国の ...and more »

北朝鮮、再突入技術未獲得か=ICBM弾頭消滅?-専門家 - 時事通信

... 【ワシントン時事】英国際戦略研究所(IISS)のミサイル専門家マイケル・エレマン氏は31日、北朝鮮が28日発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、いまだ大気圏への再突入技術を獲得していないとみられると分析した。事実であれば、北朝鮮は米本土攻撃能力を ...and more »

北朝鮮ICBM、弾頭の再突入には失敗か 専門家が映像分析 - AERA dot.

北朝鮮国内の非公表の場所で打ち上げられた北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」。朝鮮中央通信(KCNA)配信(2017年7月28日撮影、同月29日配信)。(c)AFP/KCNA VIS KNS. 【8月1日 AFP】北朝鮮が7月28日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、 ...and more »

北朝鮮のICBM アメリカの専門家「再突入技術は未確立」 - NHK

北朝鮮が2回目のICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表したことをめぐり、アメリカの専門家は、NHKのカメラが捉えた映像の詳細な分析から、最終的に弾頭部分を含む再突入体が分解した可能性があるとして、技術を確立させていないとする見解を明らかに ...and more »

北朝鮮“深夜”に異例のICBM発射 “米本土”が射程に - TBS News

北朝鮮が先週金曜深夜にまたしても発射したICBM=大陸間弾道ミサイル。過去最高となった高度から推定すると、アメリカ本土が射程に入る可能性があり、衝撃が広がっています。 先週金曜(7月28日)深夜、日付が変わろうとする10数分前、北朝鮮は中部、慈江道( ...and more »