トップニュース

  • 原因は、たんぱく質減少 治療薬開発へ、仕組み解明 医科歯科大チーム - 毎日新聞

    加齢によって薄毛になる仕組みを解明したと、東京医科歯科大の西村栄美教授(幹細胞医学)らのチームが5日付の米科学誌サイエンスに発表する。毛を作るのに必要な毛包幹細胞(もうほうかんさいぼう)を保護するたんぱく質「17型コラーゲン」が加齢に伴って減少、毛包 ...and more »

  • 東京医科歯科大学、加齢による薄毛・脱毛の仕組みを解明と発表 - マイナビニュース

    東京医科歯科大学、加齢による薄毛・脱毛の仕組みを解明と発表 - マイナビニュース;

    東京医科歯科大学はこのほど、同学の難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループが「加齢による薄毛・脱毛の仕組み」を解明したことを明らかにした。同研究成果は、国際科学誌「Science」の2月5日号に発表されている。and more »

  • 加齢によって髪の毛が薄くなる仕組みが明らかに - 東京医科歯科大が発表 - マイナビニュース

    加齢によって髪の毛が薄くなる仕組みが明らかに - 東京医科歯科大が発表 - マイナビニュース;

    東京医科歯科大学は2月5日、加齢による薄毛・脱毛の仕組みを明らかにしたと発表した。 同成果は、同大学難治疾患研究所 幹細胞医学分野 西村栄美 教授らの研究グループによるもので、2月5日付けの米科学誌「Science」に掲載された。 今回研究グループは、加齢に ...and more »

  • 加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明 - 日本経済新聞

    年をとって毛が生えにくくなるのは、たんぱく質の一種のコラーゲンが減り、毛を生やす器官が縮小するため――。東京医科歯科大学の西村栄美教授らは、加齢にともなう毛の減少の仕組みをマウス実験で解明した。人間でも同じような現象が確認できた。コラーゲンの分解を防ぐ ...and more »

  • 気になる悩みに朗報? 薄毛の仕組み解明 - 日テレNEWS24

    気になる悩みに朗報? 薄毛の仕組み解明 - 日テレNEWS24;

    5日、歳をとると薄毛になる仕組みを、東京医科歯科大学・難治疾患研究所の西村栄美教授の研究チームが解明したと発表した。新しい治療薬の開発につながるのだろうか。 □研究チームが着目したのは、毛穴の奥にあり人の毛髪をつくりだす「毛包幹細胞」という細胞。and more »

  • 抜け毛の仕組み解明! 鍵は「コラーゲン」 東京医科歯科大などのチーム - 産経ニュース

    年を取ると髪の毛が抜けて薄くなるのは、毛をつくる細胞を生み出す「幹細胞」がダメージを受け、脱落していくためだとする研究結果を、東京医科歯科大などのチームが5日付の米科学誌サイエンスに発表した。西村栄美教授(幹細胞生物学)は「脱毛症の治療法開発に役立つ ...and more »

  • 薄毛に吉報 抜け毛予防のカギは“コラーゲン” - テレビ朝日

    薄毛に吉報 抜け毛予防のカギは“コラーゲン” - テレビ朝日;

    年を取ると薄毛になるのは、頭皮のコラーゲンが減って髪の毛を作る細胞が機能しなくなるためとする研究成果を東京医科歯科大学のグループが発表しました。 人間の髪の毛は、毛穴の奥にある細胞で作っています。東京医科歯科大学の西村栄美教授らのグループが、この細胞 ...and more »

  • 治療薬は5~10年後?加齢による「薄毛」の仕組みが解明され話題に - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議

    治療薬は5~10年後?加齢による「薄毛」の仕組みが解明され話題に - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議;

    東京医科歯科大学は5日、歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明したと発表した。 加齢で毛が薄くなるのは、毛をつくる幹細胞が表皮となってはがれおちるためだという。 毛包幹細胞がフケや垢に. 研究チームは、マウスも歳をとると毛が薄くなることに注目し、マウスで毛を作り出す ...and more »

  • フケ? 髪の毛が「抜けて薄くなる理由わかった」 - テレビ朝日

    フケ? 髪の毛が「抜けて薄くなる理由わかった」 - テレビ朝日;

    高齢になって髪の毛が抜けて薄くなるのは、毛を作る細胞がダメージを受けてフケのように落ちてしまうのが原因であることが東京医科歯科大学のグループの研究で明らかになりました。 この研究をしたのは、東京医科歯科大学の西村栄美教授らのグループです。人間の髪の毛 ...and more »

  • コラーゲン減少が薄毛をまねく マウスで解明 東京医科歯科大 - ハザードラボ

    コラーゲン減少が薄毛をまねく マウスで解明 東京医科歯科大 - ハザードラボ;

    東京医科歯科大学の研究グループは5日、加齢によって薄毛や脱毛が引き起こされるのは、毛穴の奥のコラーゲンが無くなり、毛を再生する細胞がフケや垢とともに皮膚の表面からはがれ落ちるからだという仕組みを、マウスを使った実験で突き止めた。コラーゲンの枯渇を抑制 ...and more »