米小売り、接客にAI活用 メーシーズなどIBMと組む - 日本経済新聞

... 【ニューヨーク=中西豊紀】米小売り大手が人工知能(AI)を使った顧客サービス拡充に乗り出している。百貨店最大手のメーシーズとアウトドア大手のザ・ノース・フェイスは、顧客がスマートフォン(スマホ)に打ち込んだ簡単な言葉を基に商品や売り場を見つけるシステムを導入 ...and more »

東南ア、食の安全厳しく ベトナムなど罰則強化 - 日本経済新聞

... 【ハノイ=富山篤】東南アジアで食の安全対策を強化する動きが広がってきた。ベトナムは違反者への罰則を厳しくする法改正を実施、カンボジアは初の食品安全対策法を施行する。ベトナムに進出しているイオンも産地表示などを日本並みにした。所得向上で消費者意識が ...and more »

ポケモンGO、熱狂のち定番に 国内配信1カ月 - 日本経済新聞

スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」の国内配信開始から22日で1カ月。先行した米国などと同様、日本でもダウンロード数が推定1000万件を超える大ヒットとなった。当初の熱狂が落ち着くなか、すでに「定番ゲーム」に仲間入り。外食店の売り上げを底上げするなど ...and more »

東京五輪の首相は誰に ポスト安倍どう動く - 日本経済新聞

2020年東京五輪の時の首相は誰か――。リオデジャネイロ五輪が21日閉幕し、永田町の関心は早くも4年後に向かい出した。安倍晋三首相がその任を担うには、自らの党総裁任期延長が不可欠で、自民党内では近く延長検討に向けた議論が始まる。肝心の首相の胸のうちが ...and more »

トヨタ、挽回へ生産高水準 夏季休業明け操業再開 - 日本経済新聞

13~21日の夏季休業期間を終えたトヨタ自動車は22日、国内工場の生産を再開した。今年は4月の熊本地震やグループの部品工場事故の影響でこれまでに3度、完成車の組み立てラインの稼働停止に追い込まれた。今後は生産のペースを上げて挽回し、当初計画通り ...and more »

オムロン、顔認識の高性能センサー 自販機やロボット用 - 日本経済新聞

オムロンは人の顔や表情を高速で認識する高性能センサーを開発した。人の存在を確認する人体検出の速度は0.25秒。近くにある顔や視線なら1秒間に10回以上検出できる。カメラや制御部を一体化した部品として家電製品などに組み込んで使える。今月末から介護ロボットや ...and more »

英パフォーム、月1750円でスポーツ見放題 - 日本経済新聞

英パフォームは23日、日本でスポーツ配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を始めたと発表した。国内外のサッカーや野球など130種類以上のスポーツを年間6000試合以上、インターネットで配信する。月額料金は税別1750円。パフォームは「キラーコンテンツ」としてJリーグの放映 ...and more »

経済対策、二段構え 2次補正予算 まず国費4.5兆円 - 日本経済新聞

政府は24日の臨時閣議で、2016年度第2次補正予算案を決定した。安倍政権が掲げる総額28兆円の経済対策の中核となる国費6.2兆円のうち今回投じるのは4兆5221億円。17年度予算との二段構えで経済テコ入れをめざす。ただ足元の景気に配慮した公共工事頼みが鮮明 ...and more »

36協定有識者検討会座長に学習院大・今野教授 - 日本経済新聞

厚生労働省は24日、法定労働時間外や休日に従業員を働かせるために労使で結ぶ「36(さぶろく)協定」について議論する有識者検討会の座長に、学習院大学の今野浩一郎教授を充てる人事を固めた。今野氏は日本企業の人事管理などが専門。9月上旬にも第1回会合を開き、 ...and more »

部下をもっと褒めよう - 日本経済新聞

イノベーションを生み出す考え方をテーマに企業向けのセミナーを行っている。参加者にアンケートを取ると「自分の上司もコンラッドさんのように褒めてくれたら」というコメントをもらうことがある。「That's great.(素晴らしい)」「Well done.(いいね)」。こんなふうに声を掛けている ...and more »