加齢による薄毛や脱毛の原因を究明 東京医科歯科大学 - http://www.newsalt.jp/ (プレスリリース)

東京医科歯科大学の西村栄美教授らが、加齢による薄毛や脱毛の原因をつきとめた。毛を生やす小器官である毛包の幹細胞が分裂を繰り返すうちに自己複製できなくなり、毛包自体が小さくなって生えてくる毛が細くなって失われ、ついには表皮の細胞となって、フケ・垢として ...and more »

歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明―東京医科歯科大・松村寛行氏ら - 財経新聞

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の松村寛行助教、毛利泰彰特任助教、西村栄美教授らの研究グループは5日、加齢による薄毛・脱毛の仕組みを明らかにしたと発表した。今後、加齢に伴う脱毛症のほか、加齢関連疾患の病態解明と新規治療法開発への ...and more »

治療法の開発も、東京医科歯科大が加齢による薄毛・脱毛の原因を初めて解明 - Fashionsnap.com

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の松村寛行助教、毛利泰彰特任助教、西村栄美教授らの研究グループが、加齢による薄毛・脱毛の仕組みを明らかにした。薄毛・脱毛の原因の解明は今回が初めての事例で、XVII型コラーゲンが分解されて減少すると毛包 ...and more »

加齢により毛を生やす幹細胞が皮膚細胞に、そして体外へ… - ニュースイッチ Newswitch

東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授らの研究グループは、加齢による薄毛や脱毛の原因が毛をつくる幹細胞の老化によることを突き止めた。加齢に伴って傷ついたDNAの修復が間に合わず、幹細胞の維持に必要なたんぱく質が消失。毛を生やす小器官である「 ...and more »