<津波訴訟>遺族の控訴棄却 - 河北新報

東日本大震災の発生時、気象庁の大津波警報が過小だったため妻=当時(59)=が死亡したとして、夫(65)が国と岩手県陸前高田市に6000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は15日、請求を棄却した盛岡地裁判決を支持し、夫の控訴を棄却した。and more »

津波予報過失、2審も認めず 岩手・陸前高田の原告敗訴 - 毎日新聞

気象庁が東日本大震災の津波の高さを実際より低く予報したため、妻が死亡したとして、岩手県陸前高田市の元そば店経営、大森俊行さん(65)が国と市に計6000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(小野洋一裁判長)は15日、請求を棄却した1審の盛岡 ...and more »

津波訴訟2審敗訴 「納得できぬ」原告、憤り /岩手 - 毎日新聞

控訴審の壁も厚かった。東日本大震災の津波で妻(当時59歳)が死亡したのは、気象庁が津波の高さを実際より低く予報したためなどとして、陸前高田市の大森俊行さん(65)が国と市に損害賠償を求めた訴訟。15日の仙台高裁の判決で控訴が棄却され、大森さんは「1審判決 ...and more »