八角理事長「こういうこともある」稀勢Vは運も味方 - 日刊スポーツ

14日目に初優勝を決めた大関稀勢の里(30=田子ノ浦)が、横綱白鵬(31=宮城野)をすくい投げで下し、14勝1敗で優勝に花を添えた。 大関稀勢の里は平幕時代を含め、幾度となく優勝力士に次ぐ成績に終わった。特に2012年初場所の大関昇進以降は何度も賜杯に迫り ...and more »

喜びは一筋の涙で。稀勢の里を横綱に導いた亡き師匠の「土俵の美」 - sportiva.shueisha

1月22日まで行なわれた大相撲初場所で、大関・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が悲願の初優勝と、横綱昇進を決めた。日本出身力士の横綱誕生は、1998年夏場所後の3代目・若乃花以来、実に19年ぶりとなる。 大相撲初場所で初優勝を果たし、賜杯を手にする稀勢の里 新入幕 ...and more »

稀勢の里、横綱昇進確実 25日に横審臨時理事会へ - 日刊スポーツ

支度部屋でバンザイの祝福を受ける稀勢の里。すぐ後ろは父の萩原貞彦さん、その左隣は母の裕美子さん(撮影・神戸崇利). 大相撲の東大関稀勢の里(30=田子ノ浦)の横綱昇進が初場所千秋楽の22日、確実になった。21日に初優勝を決めていた稀勢の里は千秋楽で横綱 ...and more »

「稀」な「勢」いではなかった大器晩成力士の快挙 - 読売新聞

大関稀勢の里(30)が大相撲初場所で初優勝し、横綱昇進を確実にした。日本出身の新横綱は1998年夏場所後に昇進した3代目若乃花以来19年ぶり。相撲ファンの興奮はしばらく冷めそうにない。中でも喜びをかみしめているのが、大関を10年以上にわたって見守り続けた ...and more »

大相撲ファン感無量、大関稀勢の里初優勝!! - ハフィントンポスト

大関稀勢の里が30歳6か月で悲願の初優勝を成し遂げた。 おめでとう。 私は約10年前からこの日を待っていたので、感慨深いものがある。 稀勢の里はまだ10代だった幕下上位の頃から「将来の横綱候補」と嘱望され、2004年に17歳9か月で関取に昇進すると、3場所で十両を ...and more »

稀勢の里、亡き師匠と2人で土俵際耐え白鵬を大逆転 - 日刊スポーツ

初優勝を決めていた大関稀勢の里(30=田子ノ浦)が98年の3代目若乃花以来、日本出身力士19年ぶりの横綱昇進を確実にした。千秋楽結びの一番で横綱白鵬を逆転のすくい投げ。自己最多となる14勝目を挙げて優勝に花を添えた。「第72代横綱稀勢の里」は23日の横綱 ...and more »

稀勢の里が初優勝 大関昇進後31場所、歴代で最も遅く - 朝日新聞

大相撲初場所(東京・国技館)14日目の21日、大関稀勢の里(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初優勝を果たした。逸ノ城を下し、ただ一人1差で追っていた横綱白鵬が敗れたため。大関昇進後31場所での優勝は、琴奨菊の26場所を上回り、歴代で最も ...and more »

稀勢の里、白鵬を破って男泣き 横綱昇進へ【優勝インタビュー全文】 - ハフィントンポスト

大相撲初場所千秋楽の1月22日、大関・稀勢の里(30)が横綱・白鵬(31)を破って有終の美を飾り、横綱昇進を確実なものとした。稀勢の里は土俵際まで追い詰められたが、すくい投げで白鵬を下し、14勝1敗で優勝した。 日刊スポーツによると、稀勢の里は21日に初優勝を決め ...and more »

稀勢の里の横綱昇進が決定 横審で満場一致 - 日刊スポーツ

第72代横綱の誕生が確定した。日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)は23日、東京・両国国技館で定期委員会を開き、同協会から諮問された大関稀勢の里(30=田子ノ浦)の横綱昇進問題について審議。満場一致で推薦することを決めた。 この答申を受け、 ...and more »

稀勢の里「結婚しない」親に宣言、自らの相撲道貫く - 日刊スポーツ

第72代横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が正式に誕生した。日本相撲協会は25日、春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議と臨時理事会を開き、稀勢の里の横綱昇進を満場一致で承認した。都内の帝国ホテルで行われた伝達式では大関時と同じく、四 ...and more »