韓国・セウォル号沈没ドキュメンタリー監督、行政批判…守られたのは人命ではなかった? - シネマトゥデイ

韓国で起きた旅客船セウォル号沈没事件の真相に迫るドキュメンタリー『ダイビング・ベル』の共同監督アン・ヘリョンが来日し、21日に東京・日本外国特派員協会で会見を行なった。アン監督は、本作の上映中止を求めた釜山市のソ・ビョンス市長は「いまだに一度も本作を観てい ...and more »

セウォル号沈没をめぐる「不都合」――独立メディア記者が問う報道と倫理 / 『ダイビング・ベル』安海龍(アン・ヘリョン)共同監督インタビュー - BLOGOS

2014年4月16日、韓国の珍島海上で発生した旅客船沈没事故「セウォル号事件」。乗客476人のうち、修学旅行中の高校生を多数含む295人が犠牲となった。映画『ダイビング・ベル』は、セウォル号事件とは何だったのか、水面下に沈んでいた事件の真実を解き明かそうとした ...and more »

セウォル号事故から2年…真実に迫るドキュメンタリー「ダイビング・ベル」日本特別上映会を東京・大阪・福岡で開催 - Kstyle

修学旅行中の高校生を中心に304人の死者・行方不明者を出した旅客船セウォル号沈没事件から丸2年。その真実に迫るドキュメンタリー映画「ダイビング・ベル」の上映会が2016年4月21日、日本外国特派員協会で開催され、上映終了後にアン・ヘリョン監督とプロデューサーの ...and more »