東電停電 35年超の同型ケーブルが全長1000キロ - 東京新聞

東京都内の約五十八万六千軒に影響が出た大規模停電で、東京電力は十三日、埼玉県新座市で燃えた地下送電ケーブルと同型のケーブルのうち、敷設から三十五年以上経過したものが東電管内の一都八県で全長千キロあると発表した。これは同型ケーブルの総延長の三分 ...and more »

火災で 35年経過ケーブル1000キロ 17ルートの7割に - 毎日新聞

12日に東京都内で大規模停電を引き起こした埼玉県新座市の送電ケーブルの火災で東京電力は13日、出火した同じタイプのケーブルのうち、敷設から35年以上が経過したものが約7割に上ることを明らかにした。最も古いもので敷設から60年近くたっていたものもあった。and more »

35年超の送電線1000キロメートル 東電が緊急点検 - 日本経済新聞

都心部の大規模停電を引き起こした埼玉県新座市の地下送電線の火災で、東京電力は13日、出火したものと同じタイプの送電線を現在計約1500キロメートル分使っており、うち約7割の約1000キロメートル分は設置から35年以上経過していることを明らかにした。 出火原因 ...and more »

停電対策で電気料金値上げ?大規模メンテ必要な首都圏送電ケーブル - J-CASTニュース

12日(2016年10月)午後に起きた東京の停電は送電ケーブルの経年劣化による漏電らしいが、大規模なメンテナンスの必要から電気料金の値上げを心配する声も上がっている。 東京電力の説明によると、火災は埼玉・新座市野火止の地下変電所から約2キロ離れた地下6 ...and more »

旧式ケーブル7割、35年超 東電管内 - 朝日新聞

東京都内の約58万6千戸で起きた停電で、原因とみられる送電線火災が生じたものと同種の東京電力管内のケーブルのうち、7割が35年以上交換されていなかった。東電が13日、発表した。送電に使うケーブルの経年劣化が漏電、出火につながった可能性もあり、東電は同日 ...and more »

「首都停電」老朽ケーブルから発火!「屋根より高く炎が上がった」(近所住民) - J-CASTニュース

きのう12日(2016年10月)午後2時50分ごろ、埼玉県新座市の地下を走る東京電力の送電ケーブルから出火、東京の11区で約59万軒が停電した。午後3時半ごろに目撃者が撮影した現場映像には、地下から黒煙が噴出し、激しい火花も出ていた。別の目撃者映像でも5メール ...and more »

火災施設に「アスベスト使用」認める…東電一転 - テレビ朝日

東京電力は、火災で燃えた地下施設の中にアスベストを使用していたことを一転、明らかにしました。 東京電力は14日午後、東京都内で約59万世帯が停電した火災で燃えた地下施設にアスベストが使われていたことを明らかにしました。これまで「設備にはない」と説明していまし ...and more »

高圧ケーブル700カ所、防火シートで覆わず 東京停電 - 朝日新聞

東京都内の約58万6千戸で起きた停電で、東京電力は14日、管内にある高圧の旧式ケーブルの約700カ所で防火シートが未設置だったと発表した。停電の原因とみられる送電線火災があったケーブルも、多くが防火シートで覆われていなかった。2022年度までに約2200カ所 ...and more »

なぜあれだけ…3日ぶりに実況見分再開 埼玉・新座の東電地下施設 - 産経ニュース

東京都内で発生した大規模停電の原因とみられる埼玉県新座市の東京電力の地下施設火災で、県警などは16日、実況見分を3日ぶりに再開し、被害状況を確認するなどした。 現場には県警と消防のほか東電、経済産業省の職員ら約40人が集まり、白い防護服を着てヘッド ...and more »

大規模停電の火災現場実況見分再開 新座市 - 日テレNEWS24

東京都内の大規模停電を引き起こした埼玉県新座市の火災現場で16日、中断されていた実況見分が再開された。 この火事は12日、新座市の地下に敷設されている東京電力の地下ケーブルから火が出たもので、地上につながる通気口からは炎ととともに黒い煙が激しく ...and more »